減量

ここでは、リバウンドや減量耐性が発生しない減量の仕組みを理解するために、まず人間のエネルギー代謝について説明する。次に糖質制限ダイエットを例として減量ならびにダイエット(食事療法)を中心に説明する。

 

この世には何種類もの減量方法が存在する。特にダイエット(食事療法)でいうと糖質(炭水化物)制限ダイエットとバランス良く三大栄養素を摂るタニタ式低カロリーダイエットが知られている。もちろん、この他にもたくさんの減量向けダイエットが存在するが大概怪しげであったり、妙な健康食品を販売する目的であるので、それらはここから割愛する。

 

糖質制限ダイエットは減量に有用であるとの報告がある。そのため糖質を極力制限してダイエットする人たちも少なくない。大方の方々は数㎏から十数㎏の減量が実現できるので、ある意味“成功”と言える。ところがその結果、容易にリバウンドしてしまったり減量耐性が発生し体重が減らなくなるケースが多々生じてきたのである。